Special Thanks

株式会社スマイルーナ

◆代表者: 久保田展夫

◆職 種: 女性応援家/女子起業プロデューサー/CCLプロデューサー&記録撮影

◆学 歴: 神奈川大学経済学部 卒業

◆経 歴: 大手電機メーカー営業、コピーライター、雑貨商社営業、学習塾講師、保育関連商社営業
現在
・女性応援企業㈱スマイルーナ 代表取締役
・日本女性ビジネス協会 理事長
・グローバルウーマン協会 発起人理事
・東京美女経営者会 発起人理事
・資格:日本メンタルヘルス協会基礎カウンセラー、日本百貨店協会認定ギフトアドバイザー
・掲載:雑誌「AERA」「BIG tomorrow」「シティリビング」、新聞「日経MJ」、ラジオ「FMヨコハマ」
・著書:「運命の仕事に出会うための本」(クロスメディア・パブリッシング)

◆活動内容:
新潟県出身。1968年6月29日生まれ。
女性限定の起業・ビジネスのコンサルタント&プロデューサーを本業とし、これまでに女性面談者は2000人を超える。
また、本当にやりたい仕事をしたいと思い、悩み、もやもやとした気持ちでいる20代30代女性向けのカウンセリング「やりたいことを仕事にしたいカウンセリング」は、著書「運命の仕事に出会うための本」の題材にもなっている。
2014年のその出版を機に、女子学生団体、大学ゼミなどでも講演活動をする。
女性コミュニティの立ち上げ・運営、またコミュニティをビジネスに活かすことを得意とし、20代30代向けの「キャリアチアリーダーズ(前身は「美咲輝会」)」他、「日本女性ビジネス協会」、「グローバルウーマン協会(GWA)」、「東京美女経営者会(TBK)」、「東京美女朝会(姉妹朝会として名古屋美女朝会・大阪美女朝会をクライアントが主催している)」などを発足・運営している。
現在、日本女性ビジネス協会(理事長)が管理運営しているフェイスブックのグループページ「やりたいことを仕事にしたい・している女子の会(YSJ)」は、フェイスブックの女性限定グループでは国内では最多メンバー数のグループとなっている。
その他、法人・協会からの依頼の女性コミュニティの立ち上げコンサルティング、全国規模を目指す女性コミュニティのコンサルティング、女子大生インカレサークルの立ち上げ相談、チアリーディングチームの立ち上げプロデュース、その他、女性協会、地域コミュニティ、女性チーム、女子会など様々な女性コミュニティの立ち上げ・運営のコンサルティングをしたり、クライアントと共に共同運営などを行う。
また、女性応援企業(株)スマイルーナでは芸能事業部もあり、文化人モデルを中心にメディアを活かしたプロデュースなど、幅広くご活躍中。

◆リンク:
アメブロ
Facebook
Twitter

キャリチアリーダーズ(CCL) は、転職でも副業でももっと“好き”なことを仕事にしたい女性や、“好き”なことで起業したいと思っている女性、またはすでに“好き”な仕事で起業していてさらにもっとそのビジネスを成功させたい!
…そんな想いを持っている20代30代女性のためのチームです。
そしてそんな女性の方々の「次のステージへのステップアップ」への「ノウハウを知りたい」「きっかけを作りたい」「同じ想いの仲間を作りたい」「自分に自信をつけたい」「自分が目指す女性像を見つけたい」という想いに応えていけるよう、勉強会や交流会やさまざまなイベントを開催しています。
関わり方としては、各種コンテンツにご都合のいいときに参加していただく、年間会員になってコンテンツの割引や各種特典を得ていただきながら各種コンテンツに参加していただく、CCLのスタッフとして各種コンテンツを運営側として関わっていただく等の3つがあります。
いずれにせよ、前向きで素敵な女性たちと関わることで自分自身のマインドも刺激され、少しの勇気と自信を持って行動し続けることで、貴女の未来がきっといい方向に向かいます。
そして大事なのはそれを「信じること」です。
今こうして貴女が、世にある膨大なサイトの中からCCLのサイトを見ていただき、この文章を読んでいただいたときから「そのきっかけ」は始まっています!
「次の行動」をどう「選択するか」?
貴女のその勇気と選択がきっと貴女の未来をより素晴らしいもの変えることができると、私自身も信じております。
皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

CCLへのご協賛について

プログラム毎に、法人さま・個人さまによるご協賛を募集しております。

CCLには、仕事・恋愛・結婚・育児に意欲的な20代・30代の女性が多く登録しています。

社会人女子サークルとしては都内最大級規模で、およそ8つのコンテンツを運営し、各コンテンツのターゲットに合わせた商品告知やモニタリング等にご活用することが可能です。

「こんなことをやってほしい」「何か一緒にできないか?」など、リクエストやコラボレーションも大歓迎です。ぜひお気軽にお問合せください。

お問合せ

Special Thanks

Sponsorship